main image

転職のすすめ

現在勤めている会社に大きな不満があるのなら、おもいきって転職してみてはいかがでしょう。

imageUPDATE

2014.10.14 TUE
転職の成功例
2014.10.21 TUE
企業研究の必要性

image転職回数が多くても否定的な評価にならない場合がある

転職で評価されるのは、求人を出している企業の条件にマッチしている職歴や資格を持っていることです。ですから、求人をよく見て自分は企業が求める人材なのかを確認してから応募することが大切です。ただし、求人に掲載されている条件にマッチしているからといって、必ず採用となるわけではありません。職歴や資格だけでなく、性格や人柄なども評価されます。その後、採否の判断を行うことになります。応募者の評価を行う場合は、転職の回数も評価される点となっています。

転職の回数が多いことによるメリットは、多数の企業で働いた経験の中で、一貫して磨いてきた能力をアピール可能な点です。業界や職種が同じだったとしても、仕事のやり方や考え方は各企業で異なっています。一つの企業で長く勤務している場合、企業内で担当する仕事には精通することができます。しかし、他の企業とやり方や考え方が異なるため、通用しない場合があります。そこで、複数の企業に転職を行い、仕事を経験することによって、より高いレベルの能力や知識を身に付けることができます。

このように、複数の企業にて仕事を経験することで得られることは多くあります。ですから、転職の回数は多くなってしまったとしても、意味のあるものだと納得していただければ、評価が下がらないだけでなく、高く評価されることもあります。ただし、一貫性の無い転職や、仕事に飽きてしまったので転職を繰り返すなど、回数が多くなっている場合は、良い評価を受けられない場合があります。

ですから、転職を行う際には、これまで身に付けた能力をさらに高めること、自身を成長させることなど、前向きな理由を作る必要があります。前向きな理由であれば、転職の回数が多かったとしても、しっかりと考えた上での行動です。ですから、意味のある転職という印象を与えられることができます。採用された場合は、複数の企業にて学んだことを仕事で発揮することで、周囲に実力を認めてもらえます。