main image

転職のすすめ

現在勤めている会社に大きな不満があるのなら、おもいきって転職してみてはいかがでしょう。

image転職回数が多くても否定的な評価にならない場合がある

多数の企業で仕事をした経験がある場合、よいこともあれば、よくないこともあります。よいことについては、多くの企業で一から働いて、それぞれの企業に適応した経験があることで、適応能力が鍛えられたことです。複数の企業で人間関係を一から構築し、助け合える人間関係を構築出来た経験は、転職するとしたら、役に立つことと思います。また、多数の企業に勤務したことで、多様な経験を積んだことによって、多くの仕事を身に着けられたでしょうし、対応出来る仕事が増えたことでしょうし、出来ることが多いわけですから、大抵の仕事をこなせるようになります。

よくないこととなると、多くの企業で働いたということは、転職の回数が多いというわけですから、転職しようとして面接を受けると、そのことを不安視される危険性があることです。転職の回数が多いということですと、一つの企業で長く勤めてくれると思ってもらえない危険性があるわけです。ですから、転職がとても多い場合は、否定的な評価を受けることがあるわけです。

ただし、転職回数が多いとしても、否定的な評価にならない場合もあります。

過去の転職に納得出来る理由がある場合です。勤めていた企業の倒産であったり、自分を成長させるための転職であったり、より高い待遇を求めての転職であったりするのならば、転職の回数がある程度多くても、それなりの理解は得られますし、評価は大して下がりません。場合によっては、評価が上がることもあるのです。

こうしたケースとは別の理由で、転職回数が多くなったのだとしたら、職務経歴書の書き方を工夫する必要があります。これまで働いてきた企業の業種が、ばらばらであったとしても、そのような企業で働いた経験の中で、一貫して磨いてきた能力についてアピールするのです。そのようにすれば、これまでの転職の多さが意味のあるものと納得してもらえて、評価が下がらないこともありますし、評価が高くなることもありますので、職務経歴書の書き方はよくよく考えてみましょう。

imageBLOG PARTS